子猫の夜鳴きと成長のはやさ

成長日記
スポンサーリンク

レオ君がうちにきて、早くも2週間が経ちました。

我が家に来た時レオ君はちょうど生後2か月ほど。人間の年齢に換算すると4歳ぐらいだそうです。

初日のレオ君。緊張気味。

クンクンとゲージの中の匂いを嗅ぎ、クッションもまだ慣れない様子。

撫でても大人しい…なんて良い子なんだ!

 

しかし夜は人がいなくなるとニャンニャン鳴いて困りました。ご近所迷惑になっちゃう…

子猫の夜鳴きはよくあることのようで、大抵の理由はさみしいか、新しい環境でのストレスのようです。

餌を置き、トイレ掃除もOK!温度管理も問題ない!なのに鳴く場合で私がおすすめする子猫の夜鳴き対策は以下の2つです。

  1. ラジオを流す(音量小さめ)
  2. 部屋の電気を一部つける

特にの1のラジオを流すはレオ君には一番効果がありました。

初日:1ラジオを流す&2部屋の電気を一部つける

→夜鳴きはピタリと止まりました!…が!飼い主はラジオの音で眠れず…音量を間違えました。自分が眠れる程度の音量にしましょう( ;∀;)

2日目:1ラジオを流す 念のため仕事で外出中も流しっぱなしにしました。

→夜鳴きはせず、ラジオの音量をとても小さくしたので飼い主も熟睡。

3日目:1引き続きラジオを流す

→夜鳴きなし。効果絶大。

4日目:なにもせず、真っ暗にして就寝

→夜鳴きなし。もう慣れてくれたようです。

 

今思えば、ラジオと電気の両方の効果を兼ね備えたテレビをつけっぱなしにするという手もあったかなと思います。

子猫の夜鳴きで困っている方は是非ラジオを試してみてください。ラジオは携帯の無料アプリでも利用出来ますよ。

私はipadを充電器につなぎ、無料アプリ(radiko.jp)を利用してラジオを流していました。

ラジオ番組は音楽ではなく、人間の声が入っている方が良いと思います。

 

 

今ではラジオなしでも鳴かず、飼い主の前でしっかり寝ています。

デーーンッ!  なんか…大きくなった…⁉

態度と見た目が明らかに大きくなっています。たった2週間で!

今では撫でさせてくれるのは10秒ほど。ゲージから出せば猛スピードで部屋中を走り回る。

そうか、なるほどね。これが猫かぶりか( ;∀;)

 

最近は自力で私の足にしがみついて膝に乗ってくるようになりました。

そんなに撫でてほしかったの~?ウフフ( *´艸`)

なんて思っていたら、その日の夜お風呂で謎の傷を多数発見。

足にしがみついてのぼったときの爪が足に刺さり流血していました(;O;)

子猫の成長スピード恐るべし。身体も頭も猛スピードで成長している!

動きが激しすぎて、カメラで追うことも難しくなってきました…ぶれる。

 

コメント