婚活は”かわいそう”?~婚活成功の心構え~

婚活
スポンサーリンク

婚活って良いものですよ


皆さんは「婚活」についてどんなイメージを持っていますか?

 

「自分の将来についてちゃんと考えている」

「積極的に行動をおこしてパートナーを探している」

と、前向きに考える人もいれば

「何か問題があって日常で出会いのなかった人たちが集まる」

「年齢が高くなって焦った人がやること」

「婚活をしていることを他人に知られるのは恥ずかしい、かわいそうだと思われる」

のようにネガティブなイメージを持たれる方もいるのではないでしょうか。

 

私は26歳から婚活を始め、4年かかりましたが30歳の今、これ以上ないほど素敵な方と出会えたと思っています。

それは、私が「婚活」をしたから。

自然な出会いでは、趣味も仕事も住んでいるところも違う彼とは出会えませんでした。

 

そして、婚活を通してたくさんの男性とお話をし、何人かお付き合いをし、自分自身が大きく成長したことを実感しています。

 

今婚活に対して少しでもネガティブなイメージを持っている方に対し、その考えを変えてやろうなどとは思っていません。

私に人の心を変える力はありません。

でも少しだけ、この4年間で私に起こった変化と、学びを与えてくれたたくさんの男性たちのこと、自分の人生のパートナーは自分で選びとるということの素晴らしさ

お菓子でも食べながら、「仕方ない、話したいなら聞いてやろうか」ぐらいの気持ちで聞いていただければ嬉しいです。

 

婚活と自己分析


就職活動のとき、履歴書を書きましたよね。

私は履歴書、というか就活そのものに良い思い出がありません。

なぜなら、ちょうどリーマンショックが起こった時期とはいえ、まったく内定をもらえなかったからです。

そして内定をもらえなかった原因は、あまりに自己分析とアピール能力が下手(というかしなかった)からです。

 

結論から言いますが、婚活は自己分析が命です。出会いの前に、自己分析です。

  • どんな男性の隣にいたいのか
  • どんな幸せがほしいのか
  • 自分が相手に与られるメリットは何か
  • 逆にデメリットは何か
  • 今の自分の市場価値はどの程度か   etc…

これって、就活と似ていると思いませんか?

  • どんな会社に入りたいのか
  • どんな仕事がしたいのか
  • 自分が会社に貢献できることは何か
  • 逆に苦手なことは何か
  • 学歴、経歴等自分の市場価値はどの程度か etc…

置き換えるとわかりやすいですね。

そう、婚活って就活なんです。

そして、婚活就活を真面目にやった人は思います。

「自分にとっての幸せってなんだろう…どんな人生にしたいんだろう…」と。

どうやったら幸せになれるの


女性が感じる幸せと、男性が感じる幸せって違いますよね。

大きい幸せ、小さい幸せもあります。

そして、同じ女性でも何に幸せを感じるかって違いますよね。

同居している男性がゴミを捨ててくれたとして、「ゴミ捨ててくれてありがとう、うれしい」と思うか「ゴミ捨てしかしてくれないの?」と思うか。

 

幸せになる方法って簡単です。「幸せを感じ取れる心」になればいいんです。

誰かが自分を幸せにしてくれるのではありません。

結婚したら幸せになれるわけではありません。

自分で勝手に幸せになればいいんです。

 

聖剣伝説LOMの草人も言ってました。

「世界は見る人のイメージで違うんだって。世界はイメージでできてるの~」

(知らない方はごめんなさい、聖剣伝説LOMは私の人生のバイブルなんです。これからもちょいちょい出てきます。)

 

婚活成功の心構え


自己分析×幸せを感じ取れる心

これがあれば婚活は7割、いや8割終わりです。

(私が実践した詳しい方法については追々ご紹介しますね。)

そしてもう一つ大事なことは、傷つく覚悟を持つこと。

どんなに好きになった人でも、報われないことはあります。

挑戦する人だけが、失敗します。

どうか余計なプライドはすぐさま脱ぎ捨てて

「私はいくら傷ついたってあきらめない」という気持ちでいてください。

そんな前向きなあなたの背中は男女問わず素敵な方を必ず惹きつけます。

 

抽象的なことをたくさん書きましたが、婚活に必要な心構えはこのぐらいです。

これからの記事で具体的に掘り下げていこうと思います。

定期的に更新していきますので、見て行ってくださいね。

 

コメント