職場を去る人々の後ろ姿 去り際にこそ人格が出るという持論

雑記
スポンサーリンク

私は職業柄、会社に入ってくる方、去っていく方の一部始終を見守ることが多い立場にいます。

入社理由も様々、退職理由も様々。

やはり、退職される方がいると寂しいものです。

 

会社が嫌で辞める方

ほかにやりたいことがあって辞める方

家庭の事情で辞める方

 

どんな事情であれ、その人の人生ですから、こちらとしては何のトラブルもなく、スムーズに見送ってあげたい。そんな気持ちで仕事をしています。

そして、たくさんの辞めていく人たちの後ろ姿を見て考えました。

 

本当にその人の人格が出るのは、入社時ではなく退職時なのかもしれないと。

 

そして、最高の辞め方ってなんだろう?と考えてみました。

良い印象を残して辞めていく人たち

会社の関係者に感謝の言葉を伝え、業務の引継ぎも滞りなく終わり、笑顔で最終出勤日を迎える。

こんな退職をされる方は、稀です。(私の会社だけかもしれません)

 

退職関係書類のやり取りでも、こちらの業務を気遣ってくれたり

最後の最後まで感謝の言葉を言ってくださる方がいたときは感動するものです。

「本当にお疲れ様でした!あなたの人生は素晴らしいものになりますよ!」と、つい心の中で叫んでしまいます。

 

嫌な印象を残していく人たち

挨拶もなし、引継ぎもグダグダ…迷惑かけまくりでフェードアウト。こんな方たちもいます。

その時こそ「この人は最低だな」と思いますが、

そもそもの社会人としてのマナーは置いておいて

その方を、そんな辞め方をさせるまでの心境にした会社にも責任があります。

 

辞めた後にかかる引継ぎ先の方への負担なんてどうでもいい!こんな会社今すぐ辞めたい!と思っているからこその行動なのではないでしょうか。

 

 

実際、自分がそんな方の引継ぎ先になったとき、そんな心境になってました笑

「もうなんでもいいから帰らせて!こんな会社に1秒でもいたくない!!辞めてやるー!」

などなど…

 

最高の辞め方ってなんだろう

こんなこと考える方は、あまりいないのかもしれません。

だって、辞めたらもうその会社とは関係ないんですから。

 

でも、会社が大嫌いでも、世話になってお給料をもらったのは事実。

上司が大嫌いでも、そんな上司がこの世の中にいることを教えてくれたことは事実。

同僚とうまくいかなかったとしても、そんな最悪な相性があることを知れたことは事実。

 

お世話になったものには感情関係なく礼を尽くすことができたら。

感謝の言葉を伝えられたら。

素晴らしい大人ですよね。

 

だって、その去っていく背中を、会社の人たちが見ているんですから。

ああ、素敵だなと感じてくれた人に、何かのきっかけを与えるかもしれません。

 

私がもし会社を辞めるときが来たら、そんな大人でありたいです。

 

ついさっきまで「辞めてやるー!」の心境だったので、まだまだ道のりは遠そうですが…笑

全員自分が育てたじゃがいもだと思えば、感謝の言葉も出てきて去り際も美しくなれるのかもしれません。

(こんなこと言ってる時点で雲行きが怪しい)

 

もし退職を考えている方。あなたの去り際の背中、少しだけ考えてみてはいかがでしょうか。

 

コメント